体験談

【うつ病経験談】第17話 本当のやりたいこととは?(うつパパ闘病記)

前話で紹介したハラミちゃんきっかけで始まった本来自分がやりたかったことは何か探し。

簡単に見つかるようで、実際にはそう簡単に見つかるものではなかった。

スポンサーリンク

過去を振り返る

私
まずはもう一度人生設計から振り返ろう。

 

そもそも本来就職活動のときにしていたはずだが、今改めて人生設計せずに35歳になっている自分に気が付き、反省した。

改めて幼少期までさかのぼり、

自分が何に興味を持っていたか、

自分が何に夢中になっていたかを振り返ってみた。

 

まず、元々持っていた将来の夢を羅列してみる。

 

私
プロ野球選手、スポーツ記者、気象予報士、アナウンサー…

 

どれもイマイチ今でもやりたいかというとピンとはこなかった。

これはうつ病のせいでもなんでもない。

そもそも今の人生レールから大きく離れすぎている。

 

私
やっぱり、やりたいことってないのか…

 

結局ショックを受けることとなった。

ならば今から作ればいい

であれば今から作る?

今までの経験で見つからないのであれば、これから経験する何かにヒントがあるのではないか。

そう思ったのだ。

そして、ふと思った。

 

私
逆に今まで興味がないと思っていたものにあえてチャレンジしてはどうだろうか?

 

そこですぐに浮かんだのが、当時流行していたゲーム「あつ森」、いわゆるNintendo Switchの「あつまれどうぶつの森」だ。

2020年の流行にもなった大ヒットゲームである。

知らない人はいないだろう。

無人島で自分らしく好きに生活するゲーム。

RPGやアクション系を好んでやっていた自分としては興味はなかった。

けれども流行しているということは何か自分にもないものに気がつけるかもしれない。

幸い、ゼルダシリーズが好きだったので、Nintendo Switch本体はすでに持っている。

 

私
早速買いに行こう!

 

どうせ家にいても日向ぼっこしかできないのだ。

ならば体が動くうちにリハビリ程度に運動の意味で近所に出かけるのもいいのではないか。

そう思い、即行動に移した。

スポンサーリンク

まさかの売り切れ

近所で唯一の家電量販店。

そこのゲームコーナーにあるはずだ。

そう思い、探しに行ったのだが、

 

私
あれ?どこにもない。

 

他のソフトはあるものの、あつ森だけは見つからなかった。

さすがは人気ゲーム。

Nintendo Switch本体でさえ売り切れなのだから無理もない。

 

私
かといって、都内に出るのは今はまだ不安すぎる。

 

そう、休職しているので定期券はなく、電車賃がかかる上、都内に出るとなると通勤経路を通ることになる。

変な症状が出て悪化されても困るのでできれば避けたい。

 

私
けど、ここで諦めてしまってはまた振り出しに戻ってしまう。

 

もう日向ぼっこだけの生活はコリゴリなんだ。

いくら休めと言われても何もしないのは嫌だ。

医師からも好きなことをしていいと言われている。

だから今好きなこと、やりたいことをしようとしているのに目の前にないから諦めるのか。

けど電車には乗りたくない。

 

私
であるなら近所の家電量販店を片っ端から探して回ろう!

 

もはや意地だけだった。

ちなみに今通っている家電量販店以外に近場に知っている家電量販店など知らない。

なのでスマホでググってみた。

どれもいったことがない、かつそれなりの距離があるものばかり。

しかも僕は方向音痴なので地図を読むのも苦手。

 

私
だから、なんだ!絶対見つけてやる!!

 

うつ病とは思えないほどなぜか燃えていた。

ちなみに見つけた家電量販店は3つ。

そのうち一番近い1つ目からあたることにした。

地図はスマホゲームのドラクエウォークを駆使して。

なぜかドラクエウォークなら地図が分かるし、道中勝手にレベル上げをしてくれるので好都合だと思った。

2件目の家電量販店でも…

慣れない道を自転車でさまようこと30分。

ようやく他の3つの家電量販店のうち、1つ目の家電量販店に到着した。

 

私
頼む!あってくれ!

 

願う思いでお店の中に入り、ゲームコーナーを探す。

しかし…

 

私
やっぱりないか…

 

このお店でもあつ森は売り切れだった。

残る近所の家電量販店は2つ。

その2つともダメなら、電車で無理してでも都内へ出よう。

都内なら規模が違うからさすがにあるだろう。

 

私
けど、まずは残り2つの探索からだ!

 

うつ病なのにやりたいことを見つけると徹底的に目的を達成するまでやり続ける。

だからうつ病になったのかもしれないけど、今はそれが心地よかった。

残り2つの家電量販店のうち、近い方を調べて改めて気持ちを入れなおして自転車をこぎなおした。

第18話へ続く

次の話はこちらからどうぞ☟

【うつ病経験談】第18話 あつ森見つかるが…(うつパパ闘病記)前話で普段行く近所の家電量販店で見つからなかった流行ゲーム、「あつまれ動物の森」。 電車は使いたくないので、あくまで自転車で行ける...

前の話はこちらからどうぞ☟

【うつ病経験談】第16話 ハラミちゃんとの出会い(うつパパ闘病記)2020年10月6日(火)。 この日、休職中の僕の中で大きく歯車が動き出すことになるとは全く思っていなかった。 突然の出...

第1話から読み返したい方はこちらから

【うつ病経験談】第1話 はじまりの朝(うつパパ闘病記) いつもと変わらない朝の保育園での一コマ。 娘を送り終えた私は自転車に乗り、自宅へ向かう。 そ...
スポンサーリンク

ABOUT ME
アバター
あすはや
娘(2)のパパ / ブロガー兼ライター / 激務でうつ病に→休職→孤独が嫌でSNS開始→退職→脱サラしてライターに / 自身のうつ病体験をまとめたエッセイ「うつパパ闘病記」を月水金更新、将来の娘に渡す目的で毎日更新中の「あすはや家の日常」を本ブログで連載中