体験談

【うつ病経験談】第31話 FP試験で得たもの(うつパパ闘病記)

2021年1月24日(日)。

1週間の追い込み勉強を終えて、ついに本番の日を迎えた。

スポンサーリンク

受検者の数と人混みで疲れる

試験は都内で行われた。

コロナ禍で日曜ということもあり、電車は人混みは少なかったが、

試験会場は大混雑していた。

 

私
うわぁ…これはしんどいなぁ…

 

コロナ予防で入場制限をかけられながら徐々に入っていく受検者たち。

エレベーターも人数制限され、教室までたどり着くころには結構体力を削られた。

ましてや普段、家での生活になれてしまって、すっかり人混みは疲れるようになってしまった私の体。

幸い、早めに到着していたので、最後の復習前に少し休む時間を取ることを優先できたが。

 

私
試験に集中できるかな…

 

少し不安もあった。

学科試験開始

そしていよいよ本番開始。

試験は学科と実技の2種類。

まずは学科から。

 

私
さあ、やるぞ!

 

と意気込んで迎えた1問目。

さっそく参考書に載ってなかった内容ででばなをくじかれる。

 

私
むず…

 

その後もペースをつかめないまま時間だけが過ぎていく。

とにかく参考書で覚えた内容をうまく頭から引き出して臨機応変に解いていった。

 

幸い最初の10問以降は知ってる内容が続いたのでペースをつかんでいった。

時間は余裕で余ったが、

 

私
やっぱり参考書と全く同じというわけはないか。

 

さらに試験時間2時間は長すぎた。

1時間ちょっとあれば十分だった。

他の受検者もそうで、1時間したら早々に席を立つ人も半分はいた。

ただ、私は最後までケアレスミスをしていないかの再確認の時間に残り時間をあてた。

 

強迫神経症持ちでもあるので確認癖はひどいくらいある。

それこそ10回以上は名前の番号に誤りはないか、問題の読み間違えはないか(誤りを選ぶのに正しいものを選んでないか)、選択問題の番号塗り間違えはないかなど。

めちゃくちゃ疲れるが、これくらいしないと後々不安になるのでしかたない性格でもある。

スポンサーリンク

休憩中はTwitterの応援リプに励まされる

学科試験終了。

ものすごく体力を消耗していた。

 

私
やっぱり本調子ではないな。実技に集中力は持つかな。

 

学科と違い、実技は試験時間は1時間。

とはいえ、学科のときのようにでばなをくじかれるとあっという間に試験時間が終わってしまう。

ましてや実技は前日に初めて模擬テストをやったばかりで、しかもなんとなくの正答しかできなかったので自信がなかった。

そんな不安な気持ちを前向きにしてくれたのはやはりTwitterだった。

 

 

試験の間、Twitterはもちろん見ていなかったが、その間たくさんの励ましや応援のリプが届いていた。

 

私
みんな、ありがとう!!

 

これで力をもらえて、実技も気を取り直して向かうことができた。

Twitterのフォロワーさんたちには本当に感謝しかない。

実技試験開始

そして迎えた実技。

模擬テストと同じくらいの難易度だったが、手ごたえは半分自信あり、半分自信なし。

 

私
ただ、半分自信なしが全部間違いということはないだろうから大丈夫…かな。

 

1時間の試験だったこともあり、そこまで疲れることもなかった。

ただ、2時間だったら集中力もたなかったかもしれない。

そこは運がよかったと思った。

試験を終えて得たもの

それは大きな充実感。

自己肯定感だった。

 

学科も実技もまあまあの手ごたえだった。

大学受験みたいな感覚だったけど、正直受かってほしい!とかものすごい切実な気持ちはない。

 

私
受かったらいいな♪

 

そのくらいの気持ちだった。

今回のFP勉強はもともとうつ病で失われた自己肯定感を回復させるため、

自分がお金の知識を得たいためだけのもの。

仕事に活かそうとは全く思っていない。

 

うつ病のコンディションでわずか2か月程度の勉強で受検できるレベルにもっていっただけで自己肯定感の回復には十分だった。

もちろん、受かってほしい気持ちもあったけど、落ちても勉強した経験や知識がなくなるわけではないので、そこまで凹まないだろう。

なにより試験後の自分の晴れやかな気分がそれを証明していた。

 

私
さて、Twitterのリプを返さないとな。2か月間の自分、お疲れ様!

 

そう心でつぶやいて、私は試験会場を後にした。

※後日合格発表があり、無事に学科、実技とも合格しました♪

 

第32話へ続く

【うつ病経験談】第32話 やりたいこと見つかる!(うつパパ闘病記)時は2021年2月上旬。 1月末のFP試験が一段落して2月を迎えた。 この頃から復帰へ向けて徐々に負荷を上げていった。 ...

前の話はこちらからどうぞ☟

【うつ病経験談】第30話 うつ治療無視でFP勉強(うつパパ闘病記)時は2021年1月中旬。 FP3級の試験まで約2週間弱。 勉強のブランクは1か月程度。 どのくらい巻き返せるかが大切な...

第1話から読み返したい方はこちらから

【うつ病経験談】第1話 はじまりの朝(うつパパ闘病記) いつもと変わらない朝の保育園での一コマ。 娘を送り終えた私は自転車に乗り、自宅へ向かう。 そ...
スポンサーリンク

ABOUT ME
アバター
あすはや
娘(2)のパパ / ブロガー兼ライター / 激務でうつ病に→休職→孤独が嫌でSNS開始→退職→脱サラしてライターに / 自身のうつ病体験をまとめたエッセイ「うつパパ闘病記」を月水金更新、将来の娘に渡す目的で毎日更新中の「あすはや家の日常」を本ブログで連載中